東京の音楽スタジオは日本の大型ショッピングモールのようだ

東京の音楽スタジオに入った時に感じたことなのですが、
これはまるで日本の大型ショッピングモールなのかと驚いてしまうものでした。
首都圏というのは建物が密集していますから、
大型ショッピングモールというのは郊外の限られた地域しかなかったりするわけですが、
東京においてこれに似たものがあるとはびっくりでした。
最も音楽スタジオですから、物凄い広いというわけではありませんが
設備の充実ぶりと広さを考えると郊外にある大型ショッピングモールそのものであり、
東京の規模の大きさを感じさせられるものとなったのです。
必要な場所には必要なものがしっかりあるというのが東京の凄さで、
何をするにしても東京に集中する理由を改めて感じました。

ホワイトボードに首都圏と地域の日本の大型ショッピングモールを列挙した

最近は首都圏の周りだけでなくその他の地方にも、
大型のショッピングモールが増えてきています。
そこで首都圏と日本の大型ショッピングモールをホワイトボードに列挙してみました。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県と、
山梨をプラスした県が首都圏と言われています。
この県や都の周囲には誰でも知っているような、
大型のショッピングモールが集中しているのが特徴的です。
また、昔から頑張っている地域密着型の大型ショッピングモールも、
意外と少なくありません。
そこに住んでいないと知らない、大型のショッピングモールもあるんです。
家族やカップル、友達で楽しめる日本の大型ショッピングモールを、
ホワイトボードに書き出すとなると、かなりの店舗数になります。

大型ショッピングモールでお取り寄せ!高級なものお手軽アイテムまで!

大型ショッピングモールでも本日はネットショップのお話。
日本のショッピングモールで名前が浮かぶとすれば、楽天市場、amazon、ヤフーですよね。
その中でもお取り寄せをメインで考えるならば、
個人店舗がたくさん出店している楽天市場、ヤフーになるでしょう。
地方の個人店舗が地元の特産物を武器にネットショップで成功した話も良くききますし、
楽天市場が主催の「楽天市場うまいもの大会」で大成功のテレビニュースも目にしました。
お取り寄せ・高級商品・特産物・ネットでこんなものが変えてしまうと、
リアル店舗の苦戦もうなずけます。

カーシェアでアウトレットへ、マザーズバッグをお土産に

最近カーシェアを使い始めたのですが、
レンタカーより短い時間つかえて便利でお得だな、と感じて多用しています。
特に買い物の特に便利かな。
先日はアウトレットへ年始の洋服を買いに行ったのですが、
すごく素敵なマザーズバッグを見つけたので、
友人のお土産にしたところ、他のシリーズもほしい!
ということでセールが始まる前に一緒に行くことになりました。
せっかくだから何人か誘ってワンボックスで行ってこようかと思っています。