熱流体解析を日本の大型ショッピングモールで行ってみた

熱流体解析を日本の大型ショッピングモールで行うとどうなるのでしょう。
日本の大型ショッピングモールの多くは郊外にあります。
老若男女にとってショッピングをするためや、
生活に必要な食品を買うためだけに存在するわけではありません。
熱流体解析を行えば歴然とその結果が浮かび上がります。
平日にはゲームコーナーのコインゲームに没頭する人の多さは異常です。
夕方になればフードコートで学生達が恋愛トークをしていたり、
イヤホンをして試験勉強をしたりと活用方法が様々です。
休日にはファミリー層がショッピングモールをテーマパークのように活用して1日を過ごしています。
このような流れを熱流体の解析ソフトを利用すれば時間帯や季節など細かな面白い情報を読み取れます。
地域密着型の日本の大型ショッピングモールはこれを利用して、
新たなサービスを取り入れ発展する可能性を秘めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です